大阪のおすすめAGAクリニック » 今からでも遅くない!薄毛対策講座 » 薄毛に配慮した食事とは

薄毛に配慮した食事とは

髪は私たちの身体の一部です。肌や内臓と同じように口から摂取した食物をもとに作られています。ということでここでは、髪に良いとされる食品と“摂り過ぎることで薄毛を招いてしまう食生活”に注目しながら、食事によって薄毛対策をする方法をご紹介します。

タンパク質は髪の原料

毛髪はタンパク質を原料として作られています。極端なことをいうと、タンパク質を一切摂らずに生活していれば新しい髪の毛は生まれないわけです。薄毛を予防したいのであれば、普段の食事から積極的にタンパク質を摂取していきましょう。

お肉や魚といった動物性タンパク質と、大豆やナッツ類などの植物性タンパク質を組み合わせて、体重1kg当たり1gを目標に摂るようにすることをおすすめします。

髪の成長を補助する:ビタミンB2とB6

タンパク質は体内で分解、吸収、再結合されて髪へと変換されます。この過程を補佐する栄養素の中でも特に大きな役割を担っているのがビタミンB2とB6です。

ビタミンB2はレバーやウナギといった食品に、ビタミンB6はカツオやマグロなどの魚介類に多く含まれています。食事の中でこうした食品を摂るように心がけましょう。

代謝機能を活性化する:ヨウ素

私たちの身体は血液で栄養を全身に運び、成長を促しています。それと同時に、身体から不必要な物質を排出しているのです。この働きは代謝と呼ばれています。

髪に関する代謝に関わっているのがヨウ素という栄養素です。ヨウ素を積極的に摂ることで髪の健康が維持されます。コンブをはじめとした海藻類に多く含まれているので、普段の食事で海藻を食べる習慣が無いという人は、意識して食べるようにしましょう。

発毛力を高める:亜鉛

髪には亜鉛が良いという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?亜鉛は頭皮や毛根の細胞分裂を助ける働きがあります。

もし亜鉛が不足してしまうと、新たな髪の毛を生み出す力が衰えてしまうのです。

牡蠣などの貝類やレバーなどの内臓肉が亜鉛を豊富に含んでいます

AGA予防効果が望める:イソフラボン

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンであるエストロゲンが5αリダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変えられてしまうことが大きな原因といわれています。

大豆などの豆類に含まれているイソフラボンは、この5αリダクターゼの働きを阻害する効果を持っています。そのため、大豆類は薄毛予防をするうえで非常に重要な栄養素なのです。ただし、イソフラボンは体内で女性ホルモンと似た働きをするため、男性が摂取し過ぎると身体が女性化する可能性もあるということを一応覚えておいてください。

1日の摂取量として目安となるのは約30g。これは納豆1パック分に相当します。薄毛を予防したい人は大豆食品を1日1度は食事の中で摂取しましょう。

髪に悪影響を与える食事①:糖分過多

糖分は私たちの身体を動かすエネルギーとなりますが、摂取し過ぎると薄毛の原因になってしまうので注意が必要です。その理由は糖分の代謝過程にあります。

糖分を体内に取り入れると、髪の生成に大きく関わるビタミンB群が大量に消費されるのです。髪に必要な栄養素が奪われてしまうわけですから、当然髪は成長しにくくなります。こうした事態を予防するには、食事をする際に糖分を摂り過ぎないようにすることが必須といえます。

間食として菓子パンやお菓子を食べていた人は、ナッツや無糖のヨーグルトなど、糖分をあまり含まないものに変えてみるといったところから始めてみましょう。

髪に悪影響を与える食事②:油分の多い食べ物

体外から摂取した栄養は毛細血管によって毛根まで運ばれます。 油の多い食事をしていると、血管内の血液がドロドロになり、髪の毛への栄養伝達が滞ってしまうのです。

揚げ物などの油を多く使った食品をよく食べるという人は気を付けましょう。 適度な運動をすることで血行が促進されますから、油を摂り過ぎた次の日は積極的に身体を動かすのも薄毛対策といえます。

髪に悪影響を与える食事③:冷たい食品の摂り過ぎ

気温が高くなると冷たいジュースやアイスが美味しいですよね。しかし、こうした食品の摂り過ぎは薄毛の一因でもあったのです。冷たい食品を摂取すると涼しく感じるのは、体内の血管が冷やされたからです。

血管は冷えすぎると収縮し、血液の流れが悪くなってしまいます。血行不良状態に陥った血液は毛根にある毛細血管まで栄養を上手く運ぶことが出来なくなります。

冷たい飲み物や食品ばかり摂ってしまう時期には、あえてホットな飲み物で身体を内側から暖める、涼しい時間帯の食事で温かい料理を食べるといった方法で薄毛を予防しましょう。

髪に悪影響を与える食事④:酒の飲み過ぎ

身近な食品の中には、知らず知らずのうちに薄毛を促進しているものが多く存在します。その代表例がお酒です。 アルコールを摂取すると、体内ではアセトアルデヒドという物質が生まれます。

この物質が一定量を超えると、男性型脱毛症の原因であるDHTの量を増やしてしまうのです。普段から晩酌を欠かさないという人には、休肝日を設けて内臓と髪をいたわることをおすすめします。

その他、薄毛を招く食事の仕方

食品に含まれる栄養素だけではなく、食事の仕方そのものが薄毛の原因となることもあります。食事にかける時間が短いという人は注意が必要です。いわゆる早食いや大食いは、内臓が食品を吸収する働きを阻害します。

上手く栄養を取り込めないと、身体は髪よりも内臓などを優先して栄養を運んでしまいます。つまり、食事の時間が短い人や一度の食事で過剰に食物を摂取してしまうといった習慣を繰り返していると髪に栄養が行き届かなくなり、薄毛に繋がるのです。これを予防するためにも時間をかけてしっかり噛みながら食事をするようにしましょう。

[関連記事]薄毛対策講座