大阪のおすすめAGAクリニック » 今からでも遅くない!薄毛対策講座 » 薄毛と遺伝の関係は?

薄毛と遺伝の関係は?

薄毛や抜け毛に関して、両親や祖父母からの遺伝を気にしている男性は少なくないと思います。親族に薄毛の人がいると“自分の頭髪の将来”が特に気になるところですが、実際はどのくらい遺伝が関係しているのでしょうか?薄毛と遺伝の関係についての、正しい理解をしていきましょう。

薄毛と遺伝の関連性

薄毛と遺伝(先天的要因)の関係性は、それなりにつながりがあるものの、実はまだはっきりと解明されてないことが多いのが現状です。

遺伝によって必ず薄毛になるかというと、決してそうではない、というのも通説となっています。つまり親や親族が薄毛な男性が、不可避に薄毛になるというわけではなく、普段の日常生活でいくつかの点に注意して暮らしていくことで、薄毛を未然に防止することもできる、ということです。

逆に近親者に薄毛の人がいないから自分は薄毛にならない、という保証もどこにもありません。 遺伝要因でなくても、生活や栄養状態(後天的要因)によって薄毛になることは十分にあります。

母方から遺伝する?

薄毛が親から遺伝するとすれば、それは父親ではなく母親・母方の祖父からのみだとされる説があります。

薄毛は男性ホルモンによる影響で生じることが多々ありますが、この男性ホルモンの影響を決定する遺伝子が、母方から受け継ぐX染色体に位置していることから説かれている説です。この理論からすれば、自分の父親が薄毛だからといって、遺伝で子供が薄毛になる心配はしなくてよいことになります。

しかし自分の母親を見て、自分が遺伝で薄毛になるかどうかは判別しにくいのが残念なところです。女性は女性ホルモンによって薄毛を防ぐことができ、母親が薄毛遺伝子を持っているかどうかについて、表面上判りづらいためです。

母親が薄毛になっていないからといって、子供も薄毛にならないとは限らないわけですね。せめて、母方のおじいさんが薄毛かどうかを見てみるところから始めるべきでしょうか。

遺伝以外の環境要因

遺伝以外にも、環境や食事などが影響し、薄毛につながることがあります。

このため同じ環境で暮らしている家族が、薄毛になりやすくなるケースもあります。

  • よく食べる食品に含まれる成分
  • 住居などに含まれる化学物質 

遺伝よりも普段の生活に注意

遺伝要素ばかり気にしていても、薄毛を防ぐことはできませんし、「親や祖父が薄毛だから」とあきらめる必要もありません。そんなところでクヨクヨしないで、むしろ生活や食事に注意していくことが重要です。

また薄毛対策は早ければ早いほどいい、というのが間違いのないところです。「まだ若いから…」と油断せずに、早くから心がけて行きましょう。

以下、その心がけとして実施しやすいことを確認していきましょう。

【遺伝に負けないために①】薄毛に良い食生活を

栄養バランスが一番ですが、食べる時間帯など細かい点にも注意したいものです。

  • きちんと朝ご飯を食べて、一日三食を心がける
  • 飲み過ぎない・食べ過ぎない
  • 栄養バランスに留意する
  • 脂分や糖分・塩分を摂りすぎない
  • ビタミン・ミネラル・たんぱく質をきちんと摂取する
  • 外食・インスタント・コンビニ食を控える
  • 夜10時以降に食べないよう心がける
  • アルコールは適量におさえる
  • 食事メニューに旬の食材を取り入れる

【遺伝に負けないために②】薄毛に良い食物成分とは

  • ミネラル
    特に亜鉛やカリウムが良いとされています。 亜鉛は皮膚や粘膜の正常を保ち、健康な髪に必要なビタミンの吸収性もアップさせてくれます。
  • ビタミン類
    ビタミンB群やビタミンCは、交感神経の興奮を防いでくれます。 ビタミンEは、血管拡張作用によって血流をよくして、頭皮や髪の毛に栄養を届けてくれます。 また老化防止効果などもあるので、年齢による薄毛も防止できます。
  • たんぱく質(アミノ酸)
    アミノ酸が、健康な髪の毛の材料となります。 健康を考えるなら、大豆類などに含まれる植物性たんぱく質の方がおすすめです。

【遺伝に負けないために③】コラーゲンで薄毛対策

忘れがちですが、薄毛対策としてコラーゲンが注目を集めています。もともとは美肌効果などから女性に注目されているコラーゲンですが、男性にとってもおすすめの成分です。

特に、頭髪の土台となる頭皮の健康向上にはいい効果を望むことができます。

  • コラーゲンによって望まれる効果
  • 肌や頭皮、髪のハリを保つ
  • 保湿して乾燥を防ぐ
  • 適度な弾力を与える
  • 細胞内のコラーゲン要素を補う

【遺伝に負けないために④】運動で薄毛対策

全身の血流が悪い人は、薄毛になりやすくなります。

頭皮への適度な血流を保つためには、適度な運動がとても有効です。また肥満になると薄毛になりやすいので、肥満対策・健康対策として運動がおすすめです。トレーニングや激しいスポーツではなく、ウォーキングなど軽い運動でも大丈夫です。

また適度運動はストレス解消にもなり、夜にぐっすり眠ることができます。

【遺伝に負けないために⑤】睡眠を十分にとって薄毛対策

髪や皮膚のダメージを回復させ、健康な頭髪を育てるためには、十分な睡眠は欠かせません。また十分な睡眠をとるうえで、日中に日光(特に朝日)を浴びることも大切です。

睡眠のための物質「セロトニン」分泌が促されて、夜ぐっすり寝やすくなるからです。ストレスや肉体の疲れも解消できます。

【遺伝に負けないために⑥】ストレスを防いで薄毛対策

常にイライラやストレスが溜まっている人は、遺伝とは関係なく薄毛になりやすい傾向があります。

「ストレスが溜まるとハゲる」とよく言われていますが、これは事実です。仕事や日常の中で、ストレスを受けないことはきわめて難しいことですが、大切なのは「解消」の機会を設けること。

休日は趣味などを楽しんで、できる限りリラックスできるようにしましょう。

【遺伝に負けないために⑦】髪のダメージを防いで薄毛対策

日常の中に隠れている、頭皮や毛髪へのダメージ要因。次のようなことに留意して、頭皮や頭髪が傷むのを防止しましょう。

  • 頭皮・頭髪を清潔に保つ
  • 頭皮・頭髪が乾燥しすぎないようにする
  • 必要以上に洗いすぎない
  • 熱いお湯で洗わない
  • ヘアワックスなどを塗ったままにしない
  • 爪を立てず指の腹で洗う
  • パーマやカラーリングを控える
  • 髪や頭皮に紫外線を浴びすぎないようにする

あきらめないことが一番大事!

遺伝ばかりが、薄毛に影響するとは限らないことが分かりましたね。実際は遺伝以上に、生活や食事の中に薄毛の原因が隠れていることが多いものです。

親族からの遺伝だから、体質だから、とあきらめずに、自分自身の生活や食事を見直すことを重視して行きましょう。

[関連記事]薄毛対策講座