大阪のおすすめAGAクリニック » 今からでも遅くない!薄毛対策講座 » 薄毛に配慮したドライヤーのかけ方

薄毛に配慮したドライヤーのかけ方

薄毛を改善するためには「髪の乾かし方」も重要なポイント!今回は洗髪後の正しいドライヤーの掛け方について、詳しくご紹介します。

大事なのは洗い方だけじゃない!薄毛に対するドライヤーの重要性とは

薄毛対策のためには髪の洗い方やトリートメントなどのケアも重要だと言われていますが、その後の「ドライヤー」も非常に大切なポイント。ドライヤーの熱風は髪に与える刺激が強いため、使い方を間違えると薄毛の原因になったり、余計に進行したりしてしまうのです。

実際に髪が薄くなってから後悔しないためにも、正しいドライヤーの方法を押さえ、バッチリ薄毛対策を行いましょう!

ポイント①-1 いきなりドライヤーはNG!まずは「タオルドライ」

ドライヤーを使う上で、最も大切なのが「タオルドライ」。この過程がないとドライヤーを使用する時間が長くなってしまいますから、その分熱風による刺激が大きくなり、薄毛を引き起こしかねません。

また、洗いたての髪はキューティクルが傷付きやすい、非常に繊細な状態になっているため、なるべく早く水分を拭き取る必要があるのですね。

タオルで「髪を包むように」するのが大事!

タオルドライをする時は吸水性の高いタオルで柔らかく頭全体を包み込み、根元から優しくマッサージをするように行います。次に毛先をタオルで挟み込み、優しくポン、ポンと叩いて水分を落とせば完成です。

ポイント①-2 タオルドライにも注意点が!刺激は与えないようにしよう

しかし、タオルドライを行う際にも注意点があります。いかに柔らかいタオルを使っていても髪への刺激は免れませんので、下記に気を付けながら行ってくださいね。

長時間は逆効果!水分が落ちなくなったらやめよう

お風呂あがりはタオルを頭に被せたまま、つい放置してしまう……という方はいませんか?タオルドライはあくまでもドライヤーを使う前の準備のようなものですから、やりすぎると逆に髪に負担をかけ、薄毛の原因となってしまいます。

ゴシゴシこするのはダメ!

特に男性の場合、タオルでゴシゴシと髪を拭いてしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、あまり強くこすると髪に過剰な刺激が与えられ、傷みや薄毛を引き起こす恐れも。できる限り摩擦を起こさないよう、優しく拭きましょう。

痒いからって掻いてない?爪を立てるのもNG

タオルドライをしながら痒いところをガリガリ掻いてしまう……という方もいますが、これは絶対NG!爪を立てると頭皮を傷付けてしまうため、その分髪の成長や回復が妨げられる恐れがあります。

薄毛を気にしている方もこれから予防したい方も、しっかり注意してくださいね。

ポイント② ドライヤーも「根元」から!毛先は傷みやすいので後に

タオルドライが済んだら、いよいよドライヤーでの乾燥です。最初のポイントは「根元からドライヤーを当てる」というもの。頭皮に近い部分は最も髪が乾きにくく、比較的傷みにくい部分なので、こちらを優先して乾かすことで毛先へのダメージを軽減できます。

髪の根元からは20センチ離す!優しくドライヤーを当てよう

乾かす時は、髪を柔らかく持ち上げつつしっかり根元全体にドライヤーの風が行き渡るようにします。

ただし、近付けすぎると刺激が大きいですし、頭皮を火傷する恐れもありますので、20センチ程度離して行うようにしましょう。また、同じ場所に長時間当てすぎるのも危険です。

一気に乾かしてから次の場所へ……とやるのではなく、ドライヤーを動かしながらバランス良く乾かすのが理想的ですね。

ポイント③ 毛先はもうほぼ乾いた状態のはず!やりすぎないように

根元が乾いたら、次は毛先です。しかし、これまでの過程をしっかり行っていれば、もう既にほとんど乾いた状態になっていると思います。

既に乾いているのに更にドライヤーを当ててしまうと余計な刺激になりますので、軽く触ってみて「もう乾いてるな」と感じたら、飛ばして次のステップに進んでください。

「まだちょっと乾ききってないな」という場合も、毛先は根元よりもうんと乾きやすいので、サッと指を通しつつ軽やかにドライヤーを当てましょう。 

ポイント④ 最後は「冷風」でキューティクルを閉じる!

根元から毛先まで乾かした後は、ドライヤーの「冷風」を当ててクールダウンさせましょう。ドライヤーで与えられた刺激を緩和するため?と思うかもしれませんが、これには「キューティクルを閉じる」効果があります。

キューティクルは髪にツヤや潤いを与える成分として知られていますよね。

キューティクルは髪のバリア!開いてしまうと無効化される?

キューティクルは毛髪を覆うバリアのようなもので、紫外線や熱などから髪を守ってくれる性質があります。しかし、一定の温度&湿度以上になるとこのキューティクルが開いてしまい、髪が無防備な状態に晒されてしまうのです。

そうなるとトリートメントをはじめとした栄養成分は吸収しやすくなるのですが、同時に非常に繊細で傷付きやすくもなるので、髪を乾かした後はしっかり閉じてあげなければなりません。

最後に冷風を当てることでキューティクルが閉じれば、髪は本来の比較的傷みにくい状態に戻るので、ツヤが出るのみならず薄毛対策にも効果的ですよ!

「自然乾燥」は逆効果に!薄毛対策のためにはドライヤーで乾かそう

薄毛に悩む方の中には「ドライヤーは髪に悪影響だって言うし、自然乾燥の方がいいんじゃない?」と思う方もいるでしょう。しかし自然乾燥の場合、実は薄毛に逆効果なことも……。

キューティクル保護や雑菌の繁殖予防など、ドライヤーには様々なメリットが!

そもそも、濡れた状態の髪は基本的にキューティクルが開いた状態。そうなると基本的には傷付きやすく無防備ですよね。

しかも、濡れ髪のままでいると蒸れやすいので、雑菌が繁殖しやすい環境にもなっています。ですから、本来髪は一刻も早く乾かした方が良いのです。

ドライヤーなら洗った後サッと乾かすことができますし、冷風を当てればキューティクルを閉じる効果もあるので、自然乾燥よりドライヤーで乾かした方が傷みや薄毛の予防になる、という説が最近では一般的となっています。

ドライヤーでしっかり乾燥!基本を押さえて薄毛を予防しよう

今回ご紹介したように、ドライヤーをかける時は正しい方法を心がけることで、キューティクルの保護や髪の傷み防止に繋がり、結果薄毛予防にもなるのですね。

慣れれば簡単にできることですから、タオルドライからしっかりと基本を押さえ、できる限り髪にダメージを与えないように気を付けましょう。

可能なら洗い流さないトリートメントも揃えれば、薄毛対策&ツヤ髪ケアはバッチリ!毎日の適切な習慣で、ぜひいつまでも魅力的な髪を保ってくださいね。

[関連記事]薄毛対策講座