大阪のおすすめAGAクリニック » 今からでも遅くない!薄毛対策講座 » 薄毛対策には亜鉛?

薄毛対策には亜鉛?

薄毛対策に効果のある成分として、よく名前が挙がる「亜鉛」。しかし、それは本当なのでしょうか?今回は肯定的、否定的意見両方を踏まえ、薄毛と亜鉛の関係性に迫りました!

亜鉛は元々体内の細胞に含まれている成分!

そもそも亜鉛って何?と疑問に思う方もいるでしょうが、亜鉛は元々体内に2gほど存在する物質で、DNAやタンパク質の合成などに関係していると言われています。

ただ、排泄物と一緒に身体から出て行ってしまうことが多いので、積極的かつ継続的に摂取しないと不足しがちなものでもあります。

不足すると免疫力の低下や貧血などを引き起こしかねないということですから、身体にとって非常に大切な成分なのですね。

亜鉛は「薄毛対策」にも効果がある?

そんな亜鉛ですが、実は「薄毛対策」にも効果があると言われています。しかし、免疫力アップや貧血対策になるといってもそれがどう頭皮に影響があるか、いまひとつピンとはわからない物質ですよね。

亜鉛を摂取することによって内側から頭皮環境を整えられ、発毛も期待できるということなのでしょうか?その理由を見てみましょう。

理由その① 亜鉛不足になると髪が生成できなくなるから

亜鉛が薄毛対策に効果があると言われる大きな所以は、亜鉛が「髪の生成」に関わっているからです。

髪の90%以上はタンパク質!「ケラチン」を合成する亜鉛

人間の髪の90%以上は、実はタンパク質でできています。タンパク質というと肉や魚、豆類などのイメージですから、そんなところにもあったとは!と驚いてしまいますね。

このタンパク質は「ケラチン」と呼ばれ、主に18種類アミノ酸をはじめとするもので構成されています。 そんなケラチンを合成し、髪を生成してくれるのが亜鉛です。

分かりやすく言えば「アミノ酸が毛母細胞に運ばれる→亜鉛がそれをケラチンとして合成→髪になる」という感じですね。

つまり、亜鉛不足になると髪が成長できない!

つまるところ、亜鉛が不足するとこの「ケラチン」が合成できなくなるため、髪の生成が難しくなってしまいます。

人間の髪は毎日数十本~数百本程度抜けると言われていますが、新たに作られなければ抜け毛が増えるだけですから、最終的には薄毛に繋がりますよね。

そうならないためにも、亜鉛を意識して摂取する必要があるのです。

理由その② 抜け毛の原因である物質を抑制するから

もうひとつの理由は、何と!「抜け毛の原因である物質を抑制してくれる」から。この物質は「5αリダクターゼ酵素」と呼ばれ、男性ホルモンをより強力な男性ホルモンへと変換するものとされています。

これがテストステロンという物質と結びつけばAGA(男性型脱毛症)を引き起こす恐れもあるとのことですから、非常に恐ろしいですね……。

亜鉛を摂取するには「食品」や「サプリ」などの方法が!

ここまでの説を見ると、どうやら亜鉛は育毛や抜け毛の軽減に効果を発揮してくれそうです。

亜鉛を効果的に摂取するためには「亜鉛が豊富な食品を食べる」や「亜鉛サプリを飲む」などの方法がありますので、不足してるかも……と思う方はぜひ試してみてください。

レバーやしじみ、牡蠣など!「亜鉛」が豊富な食材

  • 海産物……牡蠣やしじみ、煮干し、するめ、カニ(缶詰でもOK)、うなぎなど
  • 肉・卵類……牛肉、レバー、ジャーキー、卵黄など
  • 豆類……大豆、きな粉、豆腐、納豆など

ほか、乳製品(パルメザンチーズや脱脂粉乳など)、ごまなども亜鉛がたくさん含まれています。

飲むだけでOK!食事で難しい方は「亜鉛サプリ」も

食べ物ではなかなか摂取しづらい……という方は、タブレットを飲むだけの「亜鉛サプリ」も存在します。

ただし、飲みすぎは逆に身体に毒ですから、用法用量を守って正しく使用しましょう。

お酒やジャンクフードは控えて!

亜鉛はジャンクフードや加工食品などに含まれている添加物によって吸収を阻害されることがあるので、なるべく自炊してバランスの良い食生活を心がけましょう。

また、お酒を飲むと亜鉛の消費量が増えるため、そちらも控えた方が無難です。

しかし、亜鉛摂取による薄毛改善には否定的な意見も……

しかし、亜鉛で薄毛を改善する!という方法には否定的な意見もあります。

亜鉛は本当は薄毛に効果がないということなのでしょうか?見てみましょう。

否定的意見その① 亜鉛自体に「育毛作用」はないから!

一つ目の理由は「亜鉛自体に育毛作用はない」から。

前述した通り亜鉛は髪の生成に関わっている物質ですし、抜け毛を防いでくれる存在でもあります。ただし、あくまでもそれは「不足すると薄毛になりやすい」という話であって、たくさん摂れば薄毛が改善できる!というわけではないという説です。

「育毛効果がある」表記はダメ!?亜鉛は身体を正常にする栄養素

亜鉛サプリをはじめ、亜鉛不足解消を売りにした製品でも「育毛効果がある」と明記してはならないことになっています。

亜鉛は育毛のために摂取するものではなく「タンパク質の代謝に関わり、正常な身体を維持するのに必要な成分」というお話です。

否定的意見その② 過剰摂取すると副作用が起こる危険性もあるから!

また、亜鉛を過剰摂取することによる副作用も危険視されています。

亜鉛は元々体内にあるものなんだから安全じゃないの?と思うかもしれませんが、実は適量を大幅に超えて摂取すると逆に健康に悪影響をもたらすと言われています。

亜鉛サプリの飲みすぎ注意!恐ろしい副作用とは

  • 貧血、嘔吐、下痢など、表面的に現れる症状が一般的 ・最悪の場合、肝機能障害や神経障害などを引き起こすことも

食べすぎ、飲みすぎ注意!亜鉛の適切な摂取量は?

厚労省が推薦する亜鉛の最適な摂取量は「1日10㎎」です。

過剰摂取量は「1日45㎎」となっていますが、とりあえずは10㎎を大幅に超えないよう、食事やサプリに関しては細心の注意を払いましょう。

中には1粒で既に10㎎を超えてしまうものもあるようなので、そういった製品を利用する場合毎日は避ける、亜鉛を含む食品を食べすぎないよう気を付けるなど、工夫が必要です。

結論:不足しても、摂りすぎても、駄目!亜鉛で頭皮環境を整えよう

いかがでしょうか?亜鉛は身体に必要不可欠な栄養素であり、不足すると薄毛を進行させる恐れもあるため、適度に摂取することが重要なのですね。ただし、育毛効果を期待してサプリを飲みすぎたり、亜鉛が豊富な食材を食べまくったりするのはNGです。

不足しても摂りすぎても身体や薄毛に毒ですから、1日の摂取量を決めて健康な生活を送ってくださいね。

[関連記事]薄毛対策講座