大阪のおすすめAGAクリニック » 今からでも遅くない!薄毛対策講座 » よくある質問

よくある質問

薄毛(AGA)・はげの治療や予防に関してよくある疑問・質問をQ&Aにまとめています。

AGA治療に関するQ&A

Q.治療を始めたらかえって抜け毛が増えた

A.治療を始めて1ヵ月ほどすると、抜け毛が増える場合があります。これは治療の効果が出てきた証拠で、新しく作られた毛髪が生えるときに、古い弱った毛髪を押しのけることによって起こる一時的な現象です。この現象が見られた人の多くが、その後に太く強い毛髪が生えてきているのを確認しているため、良い兆候と考えていいと思います。

Q.AGA治療薬はコーヒーで飲んでもいい?

A.AGA治療薬のタブレットを服用する場合、水以外のもので飲むと効果が減少することがあります。また服用後すぐにコーヒーなどを飲んでも、同様のことが考えられるので、薬の服用後にコーヒーを飲む場合は30分程度の時間を空けましょう。

Q.女性でも治療薬を処方してもらえる?

A.プロペシアの成分フィナステリドは、妊娠中の女性が服用すると、胎児の成長に悪い影響をおよぼす危険性があるとされています(臨床例は存在しません)。そのため一般的には、女性に対してフィナステリドの処方は行っていません。

Q. 服用後に「むくみ」が出たのですが

A.プロペシアは安全な治療薬ですが、アンケートリサーチの結果では、むくみなどの症状が出たと応えた人が1割程度いるようです。これは新規に薬剤を投与したことによるアレルギー症状と考えられています。そのため服用し始めてから半年以上たつと、気にならなくなった人も多いとのことです。

Q.治療を中止するとどうなる?

A.治療を中断すると、頭髪は元の状態に戻ってしまいます。これは薬剤の働きによって脱毛の原因を抑えながら、毛髪の再生を行っているためです。治療を中断することによって、脱毛の原因になる物質が再び活性化し始めると、せっかく生えてきた髪も抜け落ちてしまいます。
(※クリニックの治療を中断した場合でも、正規の治療薬を服用し続けていれば、脱毛は防げるという情報もあります。)

Q.治療を始めてどのくらいで効果を実感できる?

A.効果が出てくるまでの期間には個人差がありますが、調査した中で最も発毛実績が高い「表参道スキンクリニック大阪院」のアンケート結果では、ほとんどの人が4ヵ月以内に「しっかりした毛髪が生えてきた」と実感しているとのことです。

薄毛(AGA)の予防に関するQ&A

Q.帽子をかぶると禿げやすいって本当?

A.帽子やヘルメットは通気性を妨げて頭皮が蒸れやすくなるため、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまう恐れがあります。頭皮で繁殖した雑菌は毛穴に進入することで、炎症や毛根のダメージの原因になります。職業上の都合で帽子やヘルメットを長時間着用しなければならない場合は、こまめに汗を拭きとったり、着用後すみやかに髪を洗うなどの対応が必要です。

Q.シャンプーは毎日した方がいい?

A.毎日シャンプーしないと頭皮で雑菌が繁殖して、毛髪の成長を妨害するというような記事を目にすることがあります。しかしシャンプーを1日しなかったからといって、すぐに雑菌が繁殖するということは少なく、逆に頻繁なシャンプーで髪や頭皮を傷つけるようだと、そちらのほうが問題だといえます。

Q.ドライヤーは頭髪に良くない?

A.髪のことだけを考えるなら、ドライヤーは使わない方が良いのですが、濡れたままの頭皮を放置することは雑菌の繁殖やフケ・痒みの原因になります。頭皮のためだけを考えれば、ドライヤーは使った方が良いということになります。ドライヤーを使うときは余り近くから熱風を当てないことや、髪を乱暴にこすらない点などに注意しましょう。またドライヤーだけで完全に乾かすより、ある程度乾いたら自然乾燥させるのが髪にとってはいいそうです。

Q.お酒やタバコが薄毛の原因になるって本当?

A.アルコールの適度な摂取は血行を良くすることから、逆に髪の成長にいいという話もあります。ただし、過度の飲酒や、つまみなどの食べ過ぎによる栄養過多は皮脂の過剰な分泌を招き、薄毛・抜け毛の原因に繋がります。タバコについては、血行を阻害することが知られているため、髪のことを考えるなら禁煙するのがベスト。難しいなら、なるべく節煙を心がけましょう。

[関連記事]薄毛対策講座