大阪のおすすめAGAクリニック » 今からでも遅くない!薄毛対策講座 » 薄毛の予防方法

薄毛の予防方法

薄毛や抜け毛の予防方法として、食事、シャンプー、マッサージの情報をお届けしています。

薄毛や抜け毛の予防に効果的な食事とは?

薄毛や抜け毛の予防に効果的な食事とは?

薄毛・抜け毛は、食事や生活習慣を改善することで予防できます。またAGA(男性型脱毛)などの治療を行っていても、毛髪を構成する栄養素が不足していれば、発毛の効果も薄まってしまうでしょう。薄毛予防のための食生活改善には、髪を作っている栄養素を知ることが第一です。

髪を作るのに必要な栄養素

栄養素 効果 含まれている食品・食材
タンパク質 毛髪の主要素 肉・魚介・大豆・大豆製品・牛乳・乳製品など
ビタミンA 頭皮の正常な働きを助ける うなぎ・アーモンド・植物油・バター・牛乳・チーズ・鶏卵・緑黄色野菜・レバーなど
ビタミンB6 神経伝達を助ける カツオ・マグロ・落花生など
ビタミンC コラーゲン・タンパク質の生成 レモン・ライム・オレンジ・グレープフルーツ・柿・アセロラ・キウイフルーツ・トマトなど
ビタミンE 頭皮の血行をよくする オリーブ油・ヒマワリ油・キャノーラ油・大豆油・アーモンド・落花生・キャビア・いくら・たらこ・青魚・マヨネーズなど
ミネラル 毛髪の成長を助ける 海藻類・大豆製品・牛乳など
亜鉛 細胞の増殖に有効 海藻類・牡蛎・肉類・卵など

食事以外の薄毛・抜け毛予防法

薄毛・抜け毛の対策には、頭皮と髪の手入れも欠かせません。家庭でできる頭皮と髪の手入れは、入浴後に行うのが効果的です。

頭皮を清潔に保つ!毎日のシャンプー

薄毛の予防方法:シャンプー

抜け毛予防には、頭皮と髪を清潔に保つことが大事です。ですが、髪の成長のためには頭皮を守る皮脂を残すことも必要なので、あまり清潔にしすぎるのも良くありません。1日に何度もシャンプーしたのでは、髪も頭皮もダメージを受けてしまいます。理想としては、シャンプーは1日1回を守るのが良いようです。

毛髪育成用のシャンプーには刺激が強いものも発売されていますが、医療的な見地では、薄毛予防には刺激が少ないシャンプーの方が合っているようです。シャンプーが残っていると頭皮に良くないので、すすぎにも気を配ってしっかりシャンプーを洗い流すことが大切です。

発毛の土台をつくる!気持ちがいいマッサージ

薄毛の予防方法:頭皮マッサージ

頭皮のマッサージも薄毛予防には効果的です。マッサージはシャンプー中にも行えるので、マッサージもするつもりで、ゆっくり丁寧なシャンプーを心がけるといいでしょう。

また、髪を洗った後にブラッシングをして、頭皮の血行を促すことも育毛には有効です。ブラッシングにはマッサージ効果があるため、毎日の洗髪後に行うといいでしょう。ただし、乱暴な強いブラッシングは髪や頭皮を傷つけるので、地肌を傷つけないように気をつけてゆっくり静かにブラッシングするのがポイントです。

抜け毛を減らす!守りの鉄板プロペシア服用

プロペシア
画像引用元:ファイザー(http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2015/2015_04_06.html)

薄毛予防に特化した薬がプロペシアです。男性型脱毛症(いわゆるAGA)の治療で、世界60か国で承認されているメジャーな薬となっています。

プロペシアの具体的な作用は「プロペシアの効果かと臨床データ」ページを見てください。ざっくり言うと、プロペシアは毛が抜けるホルモンの働きを弱め、頭皮の皮脂生成も抑制します。結果、抜け毛予防になるというわけです。業界では、プロペシアは「守りの薄毛予防」として、一般的な治療方法になっています。

料金は、1か月(28錠)で4,000~6,000円が相場。処方するクリニックによって値段が変わります。ホームページをチェックするなどして比較をすることをオススメしますよ。

[調査済み]プロペシア処方が安い薄毛治療クリニック

表参道スキンクリニック
プロペシアの処方料金 3,980円
所在地 東京/大阪/名古屋/福岡/沖縄
ホームページ 表参道スキンクリニック大阪院
AGAスキンクリニック
プロペシアの処方料金 4,200円(初回)/7,000円(2回目以降)
所在地 東京、大阪をはじめ国内49院
ホームページ AGAスキンクリニック
イースト駅前クリニック
プロペシアの処方料金 5,950円
所在地 東京、大阪をはじめ国内12院
ホームページ イースト駅前クリニック