大阪のおすすめAGAクリニック » AGAの治療方法を徹底リサーチin大阪 » プロペシア処方が安い大阪のAGAクリニック3選 » プロペシアとミノキシジルの違いと併用

プロペシアとミノキシジルの違いと併用

薄毛治療薬として頻繁に用いられるプロペシアやミノキシジル。2つの薬にはそれぞれAGAに対して作用する効果に違いがあります。こちらのページでは、プロペシアとミノキシジルの違いや併用した時の効果について紹介しているので、薄毛で悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

1.プロペシアとミノキシジルの違い
    1-1.プロペシアの効果
    1-2.ミノキシジルの効果
    1-3.プロペシアの価格
    1-4.ミノキシジルの価格
    1-5.プロペシアの購入方法
    1-6.ミノキシジルの購入方法
2.プロペシアとミノキシジルは併用すべきか
    2-1.プロペシアとミノキシジルの有用性

プロペシアとミノキシジルの違い

プロペシアとミノキシジルの効果には違いあります。こちらではプロペシアとミノキシジル、それぞれの効果と価格、購入方法についてまとめました。気になる人は、チェックしましょう。

プロペシアの効果

プロペシアとは男性型脱毛症AGAの改善に効果的な内服薬です。AGAの原因として考えられる男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するフィナステリドを配合しています。抜け毛の量を軽減し、ヘアサイクルを正常化してAGAの進行を遅らせるのです。育毛サイクルも改善するため、薄毛改善に効果的。男性ホルモンに対して敏感な若い男性のほうがプロペシアの効果を実感しやすいと言われています。

アメリカ食品医薬品局FDAで認められており、日本の厚生労働省でも効果を認証されているプロペシア。ただし副作用があり、性欲減退や勃起機能不全、肝機能の低下などの症状を発症する可能性があります。また、プロペシアは男性しか服用することができず、女性が服用することはNGです。

プロペシア処方が安い大阪のAGAクリニック3選>

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは頭皮の血流を改善するため、毛根に栄養を行きわたらせて、毛髪の再生を促進する医薬品です。もともとは高血圧治療のための血管拡張剤として開発されましたが、臨床試験によって発毛効果があると知られるようになりました。ドラッグストアで売っている育毛剤にはミノキシジルが含まれており、簡単に購入できます。外用薬と内服薬の2種類があり、より育毛効果を実感したい人は、クリニックで内服薬を処方してもらうのがベター。

ミノキシジルの外用薬の場合、頭皮のかぶれやかゆみなどの副作用があるので、敏感肌の人は注意しましょう。内服薬の場合は、血圧低下や全身の体毛が濃くなるなどの副作用が発症することも。

しかし、副作用の発症率は低く、厚生労働省やFDAから認可を受けているため、信頼性の高い治療薬だと言えます。女性でも服用することができ、女性の薄毛改善にも効果的です。頭皮ケアをするなら、安全性の高いミノキシジルを活用すると良いですよ。

プロペシアの価格

プロペシアの価格は、4,000~9,000円台とバラつきがあるのが特徴的。プロペシア処方は自由診療なので保険適用外となり、自己負担が一般的です。クリニックによっては初診料や血液検査などの費用が上乗せになるため、経費が高くなるケースがあります。初回だけ低価格で提供しているクリニックなら、プロペシアのジェネリック医薬品を取り扱って比較的安い価格で服用することも可能です。費用について詳しく知りたいのなら、クリニックへ問い合わせてみましょう。

ミノキシジルの価格

ミノキシジルの平均価格は約8,000円です。最安値だと約1,500円で、最高値だと約15,000円と差があります。ドラッグストアやネット通販、クリニックでの処方などさまざまなルートから入手できるため、値段にバラつきがあるようです。クリニックで処方してくれるミノキシジルは、診察をしてくれたり効果について説明してくれたりするため、多少価格が高めに設定している傾向にあります。

プロペシアの購入方法

プロペシアはクリニックで診察してもらってから処方してもらうのが一般的です。プロペシアは医療用とされているため、医師からもらった処方箋がないと購入できません。まれに低価格だからと言って処方以外の方法で購入する人がいますが、粗悪品を渡される可能性ばかりか、安全性の保障もないのでおすすめできません。また、プロペシアには副作用があるため、自己判断で服用するのではなく、医師の指導の元で正しく使用しましょう。クリニックで診てもらったのなら、副作用が発症した場合でも適切に対処してくれるでしょう。

プロペシア処方が安い大阪のAGAクリニック3選>

ミノキシジルの購入方法

ミノキシジルを購入する際は、AGA専門のクリニックや病院へ足を運びましょう。クリニックでの処方は多少値段が高くなりますが、医師が診察した結果の元、患者1人ひとりに合ったミノキシジルを服用できます。万が一副作用が発症した場合でも医師がきちんと対応してくれるのが◎。

クリニック以外でミノキシジルを手に入れる方法に、ミノキシジルを成分に含む育毛剤を購入する方法があります。日本で販売しているのはリアップが有名です。価格の安い海外製品もネット通販で購入できますが、国内製品であるリアップシリーズは日本人の頭皮に合っている育毛剤だと言えます。

プロペシアとミノキシジルは併用すべきか

プロペシアとミノキシジルの併用は◎です。日本皮膚科学会では、AGA治療の際に併用することを推奨しています。AGAの治療方針を記しているAGA診療ガイドラインでは、「ミノキシジルの外用とフィナステリドの内服を2本の柱として治療は行われるべき」とされており、最も効果的な組み合わせとして認められているのです。

フィナステリドとはプロペシアに含まれていて、抜け毛を減らす成分。AGAを遅らせるには効果的ですが、育毛を促進する作用はありません。一方ミノキシジルは頭皮の血行を促進して、育毛効果の作用を持っています。この2つの成分をかけ合わせると、互いに足りない部分をカバーし合うため、より薄毛改善に効果的です。

ただし、「薄毛がちょっと気になってきた…」という段階でプロペシアとミノキシジルを併用することはNG。2つ薬の効果が効きすぎるため、やりすぎになってしまいます。初期であれば併用しなくても改善を期待できるので、頭髪の様子を見ながら治療しましょう。

プロペシアとミノキシジルの有用性

プロペシアとミノキシジルの有用性について日本皮膚科学会の男性脱毛症診療ガイドライン(2010年版)に記載されています。

ミノキシジルの外用は有用か?

推奨度:CQ1.1 男性に対して A

CQ1.2 女性に対して A

推奨文:男性症例に対して5%ミノキシジル外用液を外用療法の第一選択薬として,また女性症例に対して1%ミノキシジル外用液を治療の第一選択薬として用いるべきである.

…中略

さらに国内における男性患者を対象とした 1% 及び 5% ミノキシジルの24週までのランダム化比較試験では,1%と比較し5%ミノキシジルの有意な発毛効果が示され,副作用発現率に有意差はなかった.

引用:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)(https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/127/6/127_6_495/_pdf

フィナステリド内服は有用か?

推奨度:CQ4.1 男性に対して A

CQ4.2 女性に対して D

推奨文:男性症例に内服療法の第一選択薬として用いるべきである.他方,女性症例には用いてはならない.

…中略

フィナステリドは,テストステロンをより強力なジヒドロテストステロン(DHT)に変換するⅡ型5α-リダクターゼに対する阻害剤である.男性症例に対しては,海外の8件の良質なランダム化比較試

験,国内の1件の良質なランダム化比較試験および1件の非ランダム化比較試験11)によって,フィナステリドの内服により写真評価による脱毛状態の改善,毛髪数の増加,および毛髪重量の増加が証明された.

引用:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)(https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/127/6/127_6_495/_pdf

上記2つの引用にあるように、AGA治療にはミノキシジル外用薬+プロペシア内服薬が効果的だと言えます。AGA治療を受ける際には、クリニックや病院へ診察を受けてからプロペシアやミノキシジルなどの治療薬を処方してもらいましょう。

プロペシア処方が安い大阪のAGAクリニック3選>