大阪のおすすめAGAクリニック » AGAの治療方法を徹底リサーチin大阪 » ミノキシジル

ミノキシジル

AGA治療薬、ミノキシジルの効果を解説。大阪のクリニックを例に、ミノキシジルを用いた治療内容や料金なども紹介しています。

ミノキシジルのAGA治療効果

ミノキシジルは、頭皮の血の流れを改善し、髪の毛をつくるもとである毛母細胞を活性化し、発毛を促してくれる医薬品です。本来の用途である高血圧予防の副作用として発見された効果のため、なぜ発毛効果があるのかはっきりと解明されていないのが実情です。ドラッグストアなどで購入可能な育毛剤には、ミノキシジルが配合されているので、ミノキシジルの効果をとりあえず試してみたい、という方は市販の育毛剤から試してみるのもおすすめです。

しかし、本来のミノキシジルには、外用薬と内服薬の2種類があり、育毛効果をよりしっかり実感したい方は、AGA専門のクリニックや病院で頭皮や髪の状態を診察してもらった上で、適切なミノキシジルを処方してもらうのがよいでしょう。

ミノキシジルの外用薬は、服用中にまれに頭皮のかぶれやかゆみなどの副作用を引き起こす場合があるので、敏感肌の方は特に注意した方がよいでしょう。内服薬の場合は、もともと高血圧予防の薬だったこともあり、血圧の低下や、頭皮だけでなく全身の体毛が濃くなるなどの副作用があらわれる場合があります。そのような症状があらわれたら、ただちに担当の医師に相談するようにしましょう。

とはいえ、このような副作用の発症率は低く、ミノキシジル自体は厚生労働省やFDAから認可も受けている信頼性の高い治療薬になります。

またミノキシジルが発毛効果を発揮するのは男性ホルモンによるAGA(男性型脱毛)で、額の生え際の後退など遺伝的な脱毛には一般的に効果がないとされています。

【ミノキシジルを使ったAGA治療例(大阪のクリニックの場合)】
治療内容 費用
診察と処方のみ(月1回) 8,400円
ミノキシジル処方とHARG療法(月1回) 105,000円
ミノキシジルタブレット(100錠) 20,000円

ミノキシジルの発毛データ

なんと、大手製薬会社である大正製薬の臨床試験によると、ミノキシジルを配合した商品の薄毛改善効果は98%。血管拡張作用だけではない、ミノキシジルの優れたAGA治療効果がよくわかる実験結果ではないでしょうか。ちなみにその大正製薬の製品とは、テレビCMなどでもよく目にする機会がある「リアップ」。以下の表は、そのリアップ販売前の臨床試験結果です。

大正製薬が行なった臨床データ

  • 変化/リアップX5(ミノキシジルは5%配合)
  • 著明改善/8.7%
  • 中等度改善/67.4%
  • 軽度改善/21.7%
  • 不変/2.2%
  • 悪化/0%

ちなみにミノキシジルは、含有量が多いほどにその発毛効果を期待できます。

ミノキシジルが薄毛に効く仕組み

血管拡張の作用がある

そもそもミノキシジルは、1970年代に血圧降下剤として開発された成分です。分かりやすく説明すると、血管が高速道路として、その中を流れている血液が自動車です。高血圧の症状は、高速道路が渋滞してしまい自動車がひしめき合っている状態です。そこにミノキシジルを摂り入れて、本来2車線だった高速道路を3車線に広げることで、血液の流れをスムーズにしていくのです。頭皮の状態にそのまま当てはめるとよく、その効果がわかるでしょう。

ちなみに、ミノキシジルが発毛に効果があるとわかったのは偶発的なものでした。ある多毛症で高血圧だった患者に服用させたところ、全身の体毛が濃くなったことが発見されたのです。

血流促進で毛根に栄養が運ばれる

頭皮の血管がミノキシジルによって拡張されると、具体的にはどのような過程で発毛を促していくのでしょうか?

厳密にいえば、ミノキシジルの血管拡張は頭皮の下部にある毛包に作用します。毛包とは毛根を包み込んでいる部分のことで、この毛包が頭皮の血管とつながっているのです。つまり、この毛包を通過して髪の毛に必要な栄養分が血液に乗って送られる、というのが毛髪の主なシステムになっています。当然のことながら、血管部分が細ければそれだけ血液が送られる量が減少していくので、薄毛や脱毛になっていきます。逆に言えば、血管が太く拡張すれば血液が増加して、毛髪に流れ込んでくる血液も増加していくというわけです。

効果がでる期間

近年ではミノキシジルは「塗布」「経口」の2つのタイプが市販されています。それぞれによって効果が実感できる期間は変わってくるので、よく確認してから試してみるといいでしょう。体質にもよりますが、一般的な塗布タイプで効果が実感できる期間は「6か月」。そして経口タイプでは服用してから「3か月」が最も効果を発揮する期間のようです。

ミノキシジルとプロペシアの違い

近年になってからはさまざまな育毛成分が発見されていますが、特に注目を集めている成分がプロペシアです。ミノキシジルもプロペシアも共に発毛効果を目的とした成分ですが、アプローチの仕方や特徴などが異なってくるので、服用の際には注意しておくことが重要となってきます。

プロペシアは、フィナステリドを配合した服用タイプ。脱毛や薄毛の原因となる、男性ホルモンに直接的に作用する成分です。対してミノキシジルは、頭皮の血管を拡張することで発毛を促す成分です。

薄毛の原因は個人によってさまざまです。そのアプローチの仕方などを把握してから使うことが、より高い効果を生み出すことになるので、しっかりと2つの成分の違いを確認しておきましょう。

ミノキシジルとプロペシアは併用可能か?

ミノキシジルとプロペシアは併用して使用することが可能です。日本皮膚科学会によると、AGA治療の際には、この2つを併用することをすすめています。

AGA治療の治療方針が書かれているAGA診療ガイドラインには「ミノキシジルの外用とフィナステリドの内服を2本の柱として治療は行われるべき」と記載されており、併用がAGAへの最も効果的な組み合わせとして考えられています。

「フィナステリド」とは、プロペシアに含まれている抜け毛を少なくする成分です。フィナステリドは、AGAの進行を遅らせるために効果的ではありますが、育毛を促してくれる作用は含まれていません。そして、ミノキシジルには、頭皮の血行を促し、育毛促進の作用が期待できます。

そのため、AGAの進行を遅らせてくれるフィナステリドを含んだミノキシジルと、育毛を促してくれるミノキジジルを併用することで、お互いに足りない部分をおぎなうことができるため、薄毛改善により効果が期待できるのです。

とはいえ、「最近、髪の毛が薄くなってきた気がする…。」「手遅れになる前に、薄くなる前に、なんとかしたい!」という程度の初期段階で、ミノキシジルとプロペシアを併用することはおすすめできません。この2つのそれぞれの効果が効きすぎて、やり過ぎとなってしまう可能性があります。

初期段階であれば、併用しなくても症状の改善は可能なので、まずは、頭髪の状態をじっくり観察し、適切な治療をおこなうようにしましょう。

参考:『プロペシアとミノキシジルの違いと併用』


ミノキシジルの副作用

近年では、男性のAGAの悩みを解消してくれる治療薬として知られているミノキシジル。服用することからくる副作用に関しては、頭皮のかゆみ、発疹、かぶれ、フケといった症状がでることがあるようです。ただし、これらの症状は滅多に起こることはなく、目立った副作用の報告は出ていません。さらに、ごく稀にですが低血圧症の症状があらわれてくることがあります。これはミノキシジル自体が、元々高血圧症の治療に用いられていたということもあり、量や用法などを誤ってしまうと起こってしまう症状のようです。なかには、ミノキシジル自体の服用を控えたほうがいい方もいます。例えば、心臓や腎臓に何らかの障害を持っている方、甲状腺機能障害のある方、原因の分からない脱毛症に悩んでいる方、20歳未満の方などです。

ミノキシジルが買える大阪の病院

イースト駅前クリニック

イースト駅前クリニックは、AGA治療とED治療の専門クリニックです。AGAとEDの製薬メーカー複数から感謝状をもらっているほど、多くの実績があるクリニックです。

クリニックで働くスタッフは全て男性なので、AGAとED、どちらも安心して相談することができます。また、大阪院、なんば院、どちらも最寄り駅から徒歩1分とわかりやすい場所にあるので、初めてでも、仕事帰りの忙しいときでも簡単に立ち寄れます。そして、土日祝日も診察してくれるので、平日は仕事が終わるのが遅くて行く時間がない方でも行きやすい配慮がされており、面倒な予約も必要ありません。

気になる診察料も、イースト駅前クリニックでは、初診、再診費、ともに無料となっており、かかる費用は薬代のみとなっています。AGAは長期的な治療が必要になってくるので、薬代のみの負担であれば、経済的にも安心して続けて通うことが可能です。

診療は、初診でも最短8分で処方してもらえます。AGA治療は保険診療ではないため、健康保険証の提出も必要ありません。受付で問診票に記入し、AGA治療専門の医師による問診と診察を受けたあと、受付にて薬を処方し、会計し終了となります。クリニックで処方される薬は、全て国内正規品のみなので、安心して服用できるのも嬉しいポイントです。

継続して通いたいけど遠くて通えない、仕事が忙しすぎて週末でもクリニックに行く時間がない、という方は、スマホでの診察も可能です。スマホ診察用の専用アプリを使い、オンライン上で診察日時を予約し、スマホやタブレット経由で予約日時に、診察をおこないます。この方法だと、他の患者さんなどと一切顔を合わせる必要がなく、担当の医師とのみ面談できます。

診察後、薬を処方された場合は、自宅までその薬を配送してもらい、会計もクレジットカードでの決済となります。

  • ミノキシジル処方料金:外用薬60ml(6%)/5,500円(税込)、内服薬5ml(30錠)/8,800円(税込)
  • クリニック住所:大阪院/大阪市北区曽根崎2-15-24 曽根崎東ビル4F、なんば院/大阪市中央区難波4-5-14 コックドールビル3F
  • 診療時間:火・水・金】10:00~13:30/14:30~19:00【 土・日・祝日】10:00~18:00
  • 休診日:大阪院/年中無休、なんば院/月曜・木曜

SAMURAIクリニック

SAMURAIクリニックは、男性特有の悩みであるAGAとEDの治療に特化したクリニックです。他の人には話しづらい悩みを相談しやすいよう、さまざまな工夫がされています。

SAMURAIクリニックでは、医師を含め全てのスタッフが男性のみとなっています。電話での問い合わせでも男性スタッフが対応してくれるので、気軽に電話できます。そして、治療の前に相談したい不安や悩みのためのカウンセリングは無料でおこなえるので、治療費や治療期間など気になることを事前に確認することが可能です。

また、専門医が厳選した薬のみ取り扱っているので処方された薬は安心して服用できます。もちろん、診療は専門医がおこないます。それぞれの症状に適した薬を処方してもらい、薬の受け取りもクリニック内で可能なので、ほかの調剤薬局にわざわざ出向く必要がありません。

来院に予約の必要がないので、空いた時間に気軽に行くことが可能です。もちろん、事前予約も可能で、電話での予約かネットでの予約、どちらか好きな方を選んで予約しましょう。

そして、クリニックから自宅や職場にダイレクトメールやメールマガジンなどを送ることは一切しないので、家族や同僚に通院していることが知られる心配がありません。

SAMURAIクリニックでは、AGAやEDの症状改善に効果が期待できる「血液バイタル オゾン療法」も行っているので、AGA治療に組み合わせてみるのもおすすめです。

  • ミノキシジル処方料金:ミノキシジル配合育毛剤60ml(1本)/要お問い合わせ
  • クリニック住所:大阪府大阪市都島区東野田町5丁目2-23 京橋セントラルビル4階
  • 診療時間:【火~土・祝日】11:00~20:00
  • 休診日:日曜、月曜

ミノキシジルの価格

ミノキシジルは入手方法によって値段が大きく変わりますが、平均価格はおよそ8,000円になります。しかし、最安値ではおよそ1,500円、最高値ではおよそ15,000円と大きな差があります。これは、ドラッグストアやネット通販など個人で簡単に入手できる方法から、クリニックで診察した上での処方など、入手方法に違いがあるためです。

クリニックで処方されるミノキシジルの場合、それぞれの症状を診察した上で、効果についての説明もしてもらえたりするため、価格帯が少しばかり高めに設定してある傾向にあります。

ミノキシジルのおすすめの購入方法

ミノキシジルを購入したい場合、AGA専門のクリニックや病院で、診察を受けた上で処方してもらうのが一番おすすめです。クリニックや病院での処方は、ドラッグストアやネット通販で購入するのに比べて多少値段が高くなりますが、専門の医師による診断のもと、それぞれの症状に適したミノキシジルを処方してもらうことが可能です。

また、服用中に具合が悪くなったり、なんらかの副作用があらわれた場合でも、担当の医師が適切な対応をしてくれるので、安心して服用することができます。

クリニックや病院に行くのが面倒、また、忙しすぎて診察の時間がとれないからもっと手軽に購入したい、などの場合は、ミノキシジルが配合された育毛剤を購入するという方法もあります。

日本国内で入手可能な育毛剤だと、リアップが有名です。ネット通販を利用すれば、もっと安い海外製品も購入可能ですが、日本人の頭皮に合うかどうかわかりませんよね。ですので、市販の育毛剤でミノキシジル配合のものを選ぶなら、日本国内製品であるリアップシリーズがおすすめです。

もとは高血圧治療の薬

プロペシアとともにAGA(男性型脱毛)の治療薬として知られるミノキシジルは、もともと高血圧の経口治療薬として開発された血管拡張剤でした。

ミノキシジルを開発したのは、製薬会社ファイザーの前身ファルマシア&アップジョン社です。当時は血管拡張剤として一般に多く用いられていたミノキシジルに、髪を増やす効果があることもわかったため、脱毛症治療薬としての研究が進みました。

ミノキシジルは経口薬として開発されたものですが、副作用が発見されたことから、現在では主に外用薬として多くの育毛剤に配合されています。日本では大正製薬がミノキシジル1%配合の育毛剤「リアップ」を販売していましたが、海外では5%配合の商品もあるため個人輸入によって購入する人も多かったようです。現在では国内でも「リアップX5(大正製薬)」がミノキシジル5%配合で発売されています。

服用の注意点・副作用など

未成年者や女性では安全性が確認されていないため、使用に際しては医師の診断が必要です。またアレルギー症状を起こすことがあるので、薬品などでアレルギーを起こしたことがある場合は、医師に相談してください。また血管拡張の作用があるため、低血圧症状を起こす可能性があります。

[関連記事]その他のAGA治療方法