大阪のおすすめAGAクリニック » AGAの治療方法を徹底リサーチin大阪 » HARG療法

HARG療法

HARG療法は認定を受けた医療機関が行う再生治療です。成長因子を直接頭皮に注入することで発毛周期を正常に戻します。男性型脱毛症(AGA)だけでなく、女性の薄毛・抜け毛、円形脱毛症など、様々な頭髪のお悩みに効果的です。

HARG療法とは

乱れた発毛サイクルを正常に戻していくのがHARG治療です。幹細胞から抽出した髪の成長を促す成長因子と髪に必要なビタミン・アミノ酸などの栄養素を混合したHARGカクテルを直接頭皮へ注入します。

およそ月に1〜2回の治療を行い、合計で5〜10回の治療が必要とされています。一般的に効果を感じるためには約3〜8ヶ月程度の期間が必要です。

成長期が短く毛が育たない状態が改善され、次の毛がすぐ生えてくるので薄毛になりません。

HARG療法の施術方法

HARG療法とは頭皮に薬剤を注入し、患者様の毛髪の発毛サイクルを正常に戻す毛髪再生医療です。性別問わず薄毛やAGAに効果を発揮し、治療が終わっても発毛が続く、薄毛を根本的に「治す」ための治療です。

注入方法は主に3種類あり、それぞれ感じる痛みや効果などに違いがあります。頭皮への負担が少なく、日帰りで施術を受けられます。また、傷なども残りにくく、副作用の心配も軽減されています。患者様の頭皮の状態やご希望に応じて、様々な治療をご提案しております。

パピュール法

注射針で頭皮に薬剤を直接注入する治療法で、最もポピュラーなタイプです。また、経験を積んだ専門医が患者様の症状に合わせて細かくカスタマイズすることが可能です。 個人差はありますが、頭皮に注射を行うので多少チクッとした痛みを感じることがあります。痛みの感じ方によっては、麻酔によって痛みの軽減を並行して行うことも可能です。

エレクトロポレーション

注射器を使用せずに薬剤を注入する方法です。感じられる痛みが少ないことが特徴です。

フラクショナルレーザー法

その名の通りレーザーを使用した治療法です。痛みを軽減しながら、効率よく薬液を頭皮に浸透することができる治療法として注目されています。

HARG療法のメリット

HARG療法は研究論文で発毛効果が証明されています。また、成長因子の働きにより発毛サイクルが改善するので、一定期間治療した後は発毛効果が持続します。さらに施術の副作用がないため男女問わず治療可能な点がメリットです。

HARG療法のデメリット

HARG療法は、1回の治療(成長因子の投与)に10万円程度かかり、効果を得るためには複数回の治療が必要なため、継続して治療を受けると治療費が高額となります。さらに成長因子の注射時に痛みを伴うことがデメリットです。

HARG療法のよくある質問

Q. HARG療法の料金は?

HARG療法の費用は15万円✕治療回数となりますので、6回の治療であれば総額で90万円、8回の治療で120万円、10回の治療で150万円となります。単回払いや治療後のオプション対応も個別相談が可能です。

Q. どのくらいの期間で効果が出る?

発毛効果を自覚できるのは3回目の施術後から4回目の施術前が症例として多く見られるので、月に一度の施術を行った場合ですと3ヶ月目~4ヶ月目が治療効果の目安となります。効果の感じ方には個人差があります。

Q. 一度発毛すればそのまま持続できる?

効果の持続期間も個人差はありますが、最初は1週間くらい持続することが多いです。そして徐々に持続効果は長くなります。HARG療法では、一定期間継続して治療を受けていただくことでより良い効果が期待できます。

Q. 副作用はある?

HARG療法で使用される成分はウイルスフリーにて製造されているので、安全性がとても高い成分を使用しています。また、アレルギー起因物質を含まないことも確認されており、現時点において副作用の報告はございません。

Q. 失敗することはある?

HARG療法は男女問わず発毛率が非常に高いため、一般的な「髪が生えてこない」という失敗は基本的に少ないです。他の発毛治療と比較すると、「髪が生えてこない」という失敗の可能性が低い治療法と言えると考えています。

Q. AGA処方薬との違いは?

内服薬はAGAの原因物質を抑制し薄毛の進行を抑えますが、服用を中止すると薄毛が進行します。一方でHARG療法は、発毛を促進する成長因子を注入することで発毛周期を正常に戻すので、薄毛を根本から治す薄毛治療といえます。

Q. メソセラピーとの違いは?

HARG療法は、成長因子を注入することで発毛周期を正常化し薄毛改善の効果が持続します。一方でメソセラピーは、有効成分や栄養素を注入することで発毛を促し抜け毛を防ぎますが、治療を継続しなければ効果が止まります。

Q. HARG療法前に髪を染めたりパーマをかけても大丈夫?

パーマやカラーリングはHARG療法の治療前後1~2週間は避けてください。HARG療法では薬剤を頭皮へ直接注入するため、パーマやカラーリングを実施ご希望の場合は、主治医にご相談されることをお勧めします。

Q. 治療当日にシャンプーはできる?

治療当日中に洗髪をしても問題ありませんが、爪などで施術部位を傷つけないよう注意してください。また、治療方法によっては洗髪まで6時間程度空けていただく必要があります。翌朝からは通常通りに洗髪できます。

大阪でリサーチしたHARG療法で評判のAGAクリニック

大阪梅田中央クリニック

大阪梅田中央クリニックのサイト画像
画像引用元:大阪梅田中央クリニック公式サイト(https://www.shinosaka-chuoh.com/)

大阪梅田中央クリニックの特徴

大阪梅田中央クリニックはHARG認定医療機関です。また、AGA・薄毛治療の専門機関として総合的な薄毛治療を行っております。脱毛の進行を抑えながら、質の良い新しい毛髪をしっかりと育ていくことができます。

大阪梅田中央クリニックのHARG療法

HARG療法とは幹細胞から抽出された発毛を促す「成長因子」を直接頭皮に注入し、毛髪再生・発毛を促す最先端の発毛治療法です。髪の成長に必要なビタミンB、ブフロメシル、システィンを配合したMesoHairカクテルも同時に注入します。性別にかかわらず効果があり、副作用が無いため安全に使用することができます。発毛効果は通常3~4回目より感じられます。約4週間~8週間おきに1クール実施し、計6回の施術をお勧めしています。

クリニック情報

  • 住所:大阪府大阪市北区芝田1-5-12備後屋ビル5階
  • アクセス:梅田駅より徒歩1分
  • 診療時間:10:00~18:00(完全予約制)
  • 休診日:無休

ゴリラクリニック大阪梅田院

ゴリラクリニック大阪梅田院のサイト画像
画像引用元:ゴリラクリニック公式サイト(https://gorilla.clinic/aga/)

ゴリラクリニック大阪梅田院の特徴

症状別の注入療法が3タイプあり、メソラインヘア、HARG、ヘアマトリックスをご用意しています。新規導入した「ニューラジェット」という医療機器を用いて、従来よりも治療の痛みを大幅に軽減することができます。

ゴリラクリニック大阪梅田院のHARG療法

HARG療法とは「幹細胞」に対して発毛活性化を促す「毛髪再生医療」です。幹細胞培養過程から抽出されるサイトカイン(細胞から分泌されるタンパク質=AAPE)を頭皮に直接注入します。すると頭皮に眠る幹細胞を活性化させ、徐々に発毛を促進していきます。HARG療法では発毛効果を高めるために、150種類以上の成長因子を配合しています。また、新規導入した「ニューラジェット」を用いることで、痛みが大幅に軽減された注入療法です。

クリニック情報

  • 住所:大阪府大阪市北区太融寺町8-10 梅田高速ビル8F
  • アクセス:梅田駅より徒歩5分
  • 診療時間:11:00~20:00
  • 休診日:不定休

うまみ美容クリニック大阪院

うまみ美容クリニック大阪院のサイト画像
画像引用元:うまみ美容クリニック大阪院公式サイト(https://umami-bc.com/)

うまみ美容クリニック大阪院の特徴

うまみ美容クリニックは日本医療毛髪再生研究会より「HARG治療認定施設」として認定を受けています。HARG療法だけではなく、HARGヘアケアシリーズ(シャンプー・コンディショナー・育毛ローション)もご用意もしています。

うまみ美容クリニックのHARG療法

症状や性別にあわせて毛髪再生に必要な配合内容を専門医が判断いたします。HARGカクテルは頭皮に直接投与することで効率的に増毛を促し、副作用がないため安心してご利用いただけます。さらにダーマローラーを用いることで毛髪再生の相乗効果が期待できるので、うまみ美容クリニックではローラーによる治療を行なっています。4週間に1度の間隔で、通常6回程度の施術をお勧めしています。うまみ美容クリニックオリジナルの麻酔クリームを用いるので強い痛みはありません。

クリニック情報

  • 住所:大阪府大阪市北区堂島2-1-31京阪堂島ビル3階
  • アクセス:梅田駅より徒歩6分
  • 診療時間:10:00~19:00
  • 休診日:無休