大阪のおすすめAGAクリニック » AGAの治療方法を徹底リサーチin大阪

AGAの治療方法を徹底リサーチin大阪

AGA治療は複数の治療薬・治療法を組み合わせて行う

AGAの治療薬や治療法にはさまざまな種類があり、治療は基本的に、いくつかの薬と治療法を組み合わせて行われます。複数の治療薬・治療法を組み合わせることで、より高い効果が期待できるからです。

プロペシア

ファイザー:フィナステリド錠
画像引用元:ファイザー(http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2015/2015_04_06.html)

もっともポピュラーなAGA治療薬であるプロペシア。アメリカの西南部やメキシコに自生するノコギリヤシというハーブの一種から作られた化学合成品です。

主成分の「フィナステリド」は元々、男性特有の病気である前立腺肥大を治療するために開発された薬です。前立腺肥大はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの過剰増加が原因で起こります。そのDHTは男性の薄毛にも大きく関係しているため、フィナステリドもAGA治療に効果があるのではないかと考えられて研究が進められたのです。

その結果、1997年にアメリカ食品医薬品局(FDA)の承認を受けてプロペシアが世界で初めて発売されました。現在世界60か国以上で承認されているプロペシア。もちろん日本でも2005年に承認されるやいなや全国で使われるようになり、これまでに多くの男性のAGAにまつわる悩みを解消してきました。

AGAへの効果

プロペシアは、男性ホルモンを抑制することで抜け毛や脱毛を防ぎ、生え変わりのサイクルを正常な状態に戻す薬。弱った髪を元気にするだけでなく、人によっては発毛効果も実感できます。なかには、プロペシアを使用し続けて、髪がフサフサになった人もいるそうです。しかし多くの場合プロペシアを1~2ヶ月程度使っただけでは効果は得られず、最低でも半年以上は続ける必要があります。

副作用はごくまれに不快感やかゆみなどがある程度で、重度な副作用というものはあまり報告されていないようです。基本的にクリニックで処方してもらう薬なので、市販薬として入手することはできません。必要な際には病院で医師に相談してみましょう。

1.プロペシアの処方が安い大阪のAGAクリニック3選
    1-1.プロペシアの効果と臨床データ
    1-2.プロペシアの副作用と発症データ
    1-3.プロペシアのジェネリック医薬品
    1-4.プロペシアとジェネリックの価格
    1-5.プロペシアとミノキシジルの違いと併用
    1-6.プロペシアを使った人からの口コミ

ミノキシジル

プロペシアとは違ったアプローチでAGAの改善に役立つ治療薬がミノキシジルです。こちらは元々高血圧の予防のために開発されたものでした。その治療の副作用で多毛症になるケースがあったことから、頭皮に対しても効果があるのではないかと考えられ、臨床実験が実施されるように。その結果、髪の毛と頭皮をつなぐ血管を拡張することで、栄養分である血液を流し込みやすくし、発毛を促す効果がわかり、薄毛治療薬として本格的に知られるようになりました。

プロペシアと同じく世界中で認められている薬で、科学的にその有効性が認められています。近年では塗り薬とタブレットの2種類があり、ライフスタイルに合わせて選ぶことが可能です。

ミノキシジルの治験に関わったアメリカのオルセン博士は、「ミノキシジルを連続して使用しても、効果がでるまでに最低6ヶ月かかる」と報告しています。ミノキシジルはAGAのみに有効で、かつ頭頂部だけに効果が認められている治療薬。額の生え際への効果はまだ確認されていません。

ミノキシジルはプロペシアと併用するとより高い効果を得られると多くの医療関係者が口をそろえて言っています。プロペシアが脱毛を防止して、ミノキシジルが発毛を促すので、両者のメリットを生かすことができるのです。

ミノキシジルは特に目立った副作用などは確認されていませんが、薬品などでアレルギー反応が出たという経験を持っている方や、その他に気になることがある方は、処方の前に医師に相談することをおすすめします。

ミノキシジルの治療効果>

ザガーロ

AGA治療薬のザガーロ近年、特に注目を集めている最新のAGA治療薬が「ザガーロ」です。この治療薬が日本で承認されたのは2015年の9月28日。そして発売が始まったのは約1年後の2016年6月13日です。

ザガーロは医療用医薬品なので、薬局やドラッグストアでは入手できません。「薄毛治療専門クリニック」「皮膚科」「内科」で処方してもらうことができます。しかしクリニックや病院によってはザガーロを取り扱っていないこともあるので、事前に確認してください。

ザガーロの主成分は「デュナステリド」と呼ばれるもの。5α還元酵素阻害薬という種類の薬に分類されます。プロペシアと似た働きをしますが、阻害できる対応がプロペシアよりも多いのが特徴。ザガーロを服用すると3ヶ月で効果が現れる場合もありますが、基本的には6ヶ月間が服用を続けます。

実験によって確認された副作用としては、「性欲の減退」や「ED」などがあります。しかし、服用を止めればすぐに回復するそう。ごく一部では肝機能障害やめまい、発疹といった症状も確認されていますので、このような症状を確認したらすぐに処方してくれた医師に相談しましょう。

ザガーロの治療効果>

自毛植毛

これまで植毛といえば人工的につくられた毛髪を頭皮に植えるものでした。これに代わるものとして登場したのが、自分の毛髪を植毛する「自毛植毛」。男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部・側頭部の毛髪を採取して、薄くなった部位に移植するという方法です。移植した毛髪の毛根には、「毛乳頭」という毛の成長を促進させるための組織があります。その組織と頭皮の神経や毛細血管が結合することで、毛髪が育っていくのです。

髪の毛が徐々に伸びてくるので、カツラのように急に毛髪が増えることなくナチュラルに増えていくのがメリット。毛髪は6ヶ月~1年ほどでキレイに生え揃います。一度髪が定着すればメンテナンスやアフターケアもほとんど必要ないのも嬉しいポイント。AGAを治療するというよりは、対処療法的な側面があります。メリットデメリットを含めて検討する価値があるといえるでしょう。

自毛植毛の治療効果>

メソセラピー

メソセラピーは、ミノキシジル・フィナステリドなどの薬液を毛根に浸透させる最先端のAGA療法です。注射器を使って注入する以外にも、針を使わずにレーザーや超音波で治療することも可能。メソセラピーの大きなメリットは、毛根に直接薬液を届けてくれるため高い改善効果が期待できることです。

1回のメソセラピーで髪がフサフサになることはありませんが、基本的に5~6回治療を受けると効果が実感できると言われています。

他のAGA治療と同じく治療の効果が出るまでに個人差があるため、すぐに髪が生えなくても不安を覚える必要はありません。毛髪が生えていないからといって自分勝手に治療を中断したり諦めたりすることはやめましょう。不安や疑問があれば医師に相談することが大切です。

副作用として頭皮が赤くなったり痒くなったりするなどの症状が現れる場合があります。これは育毛成分の薬液によって血管の拡張や血流が増加することが原因です。副作用の報告は多くありません。治療を受ける前には、医師がしっかりと身体検査を行うので安心して受けられる治療です。

メソセラピーの治療効果>

AGA専門クリニックと一般のクリニックの違いを解説

AGAの治療は、AGAを扱っている一般のクリニック、もしくはAGA専門クリニックのどちらかで受けることが可能です。一般の皮ふ科クリニックは幅広い範囲で皮ふの疾患に対応でき、その一環としてAGAの治療も行ってくれます。一方で、AGA専門クリニックは自由診療で保険が適用されないというデメリットはありますが、医師たちはAGA治療に関する深い知識を持っており、より専門的な治療を受けることができるでしょう。

それぞれの治療方法を見てみると、一般の皮ふ科クリニックでは、頭皮の状態を確認後に薬を投与して治療を行ないます。保険の適用範囲内で処方できるフィナステリドが配合されている薬が処方してくれるのです。一方、AGA専門クリニックでは、頭皮の状態を確認はもちろん、血液検査をして頭皮の状態を細かくチェック。投薬治療に加えて、メソセラピー療法や植毛のなどの専門的な治療法可能です。また、投与される薬にも違いがあり、AGA改善が期待できるミノキシジルやデュタステリドなどを配合した薬を処方してもらえます。AGAの治療方法を複数用意しているので、その中から自分の体質に合った治療方法を選択することができ、より高いAGAの改善効果が期待できるのです。

AGA専門クリニックと一般のクリニックの違いを解説>

ダブルマトリックス

AGAの影響を受けにくい箇所の毛包組織を採取し粉砕、これを溶かして液状にしたものを発症箇所に直接注入するというダブルマトリックス。薬などを使わずに、自己の細胞組織を移植するだけで発毛・育毛を目指すという画期的で新しいAGA治療方法です。患部の髪を強く太い髪にすることができ、抜け毛の原因となってしまっていた、ジヒドロテストステロンの影響を受けずに跳ね返せるようになります。

他の治療方法との決定的な違いは、薬を使わないというポイントです。治療薬を使用する際は、常にそのデメリットとして副作用についても考慮しておかなければなりませんが、ダブルマトリックスならその心配はありません。

これまで、フィナステリドやミノキシジルを使った治療薬の使用に踏み切れなかったという方でも、ダブルマトリックスなら問題なく使用できたというケースもたくさんあります。さらに抜け毛の原因を解消しようとするだけではなく、髪の毛を強くして抜け毛に負けないようアプローチするのもダブルマトリックスの特徴です。

ダブルマトリックスの治療効果>