大阪のおすすめAGAクリニック » 女性の薄毛治療のすべて@大阪

女性の薄毛治療のすべて@大阪

多くの女性が悩む薄毛の原因とは

女性の薄毛は、頭皮が硬くなることで生えなくなる男性のケースとは違い、髪の毛が弱くなることで引き起こされます。薄毛の原因はストレスや過度なダイエット、カラーリングなどさまざま。原因をひとつずつ見ていきましょう。

髪を弱くする主な原因

過度なダイエット

過度なダイエットは栄養不足となり、髪に栄養が行き渡らない状態を引き起こします。そのため、髪が上手く育たずヘアサイクルの途中で脱毛するように。

ホルモンバランスの乱れ

出産後や更年期中などはホルモンバランスが乱れ、体調不良や抜け毛が起こります。ピルも同様の症状を引き起こすため、服用には注意が必要。食事や薬などでホルモンの量を整え、薄毛の進行を防ぐことができます。

髪を強く引っ張る

髪を引っ張ると頭皮にかなり負担がかかります。そのため、髪を強く結んだり引っ張ったりしている状態を続けると髪が抜けてしまい、薄毛が進行。悪化すると「髪が生えなくなる」「脱毛する」といった症状が起こる牽引性脱毛症になってしまいます。

ずっと同じ髪型にする

長期間同じ髪型を続けていると、分け目や生え際に負担がかかるように。負荷が持続すると脱毛しやすくなります。定期的にヘアスタイルを変えると防ぐことが可能です。

パーマやヘアカラー

脱色やカールなどのために薬剤を塗布するので、頭皮との相性が悪いと炎症やかゆみといった肌荒れを引き起こします。悪化すると髪を傷めてしまい、脱毛するようです。

女性の薄毛には色々な原因がありますが、そのまま薄毛が進行していくと全体的に髪の毛が抜けるFAGAを引き起こします。FAGAによる薄毛はクリニックによる治療でなくては改善しないため、早めに原因となる行動や生活習慣を改善しましょう。

病院(クリニック)での治療内容

FAGAの症状が出ている方はクリニックでの治療が最適。しかし、どんな治療を行うのかわからないため受診に踏みきれない方もいるでしょう。ここではクリニックでの治療内容と治療を行うまでの流れを紹介していきます。クリニックでの治療を検討している方はチェックしてみてくださいね。

治療までの流れ

クリニックを受診する場合、まずは予約を入れます。無料カウンセリングなどを希望する際は、予約の際に申し出ておきましょう。クリニックでは問診票の記入を行い、薄毛の症状や治療の希望などを伝えます。

問診票を記入したら次は診察。医師に頭皮や毛髪の状態を診断してもらいましょう。血液検査や経過を見るための写真撮影を行う場合も。その後カウンセリングで頭皮の状態を詳しく説明してもらい、治療を決めます。

薬の処方とメソセラピーでFAGAを治療

クリニックで行う治療には外用薬治療と内服薬治療、メソセラピーの3種類があります。

外用薬処方 頭皮の薄毛が気になる箇所に塗布するタイプの薬で、代表的なものとしては抜け毛を抑えるパントスチンや血管拡張効果があるフロジン液などが存在。育毛をうながすミノキシジルが配合されたものもあり、毛根に栄養を行き渡らせて発毛・育毛を促進します。
内服薬治療 発毛効果が認められているAGA治療薬を使い、根本的な改善を行います。FAGA(びまん性脱毛症)や分娩後脱毛症に高い効果を発揮するパントガールを使い、副作用なく治療できます。
メソセラピー 頭皮の浅い部分に育毛効果のある成長因子や発毛が期待できる複合ビタミンなどを注射する方法です。直接注入するため有効成分が毛根に届きやすいという特徴があります。内服薬との併用で早めに薄毛改善が見込めるようです。

女性向け薄毛治療クリニックの選び方

AGA治療をしているクリニックは数多くあるので、ピッタリのクリニックを探すのは時間がかかります。そこで、女性向けのクリニックを選ぶための3つのポイントをまとめてみました。

無料カウンセリングの有無

クリニックによってはカウンセリングが有料になる場合も。カウンセリングを受けただけでも初診料をとられてしまうため、無料カウンセリングの有無を確認しておきましょう。

治療の選択肢があるか

受診前に治療の選択肢があるかどうかもチェックしておきましょう。クリニックで受けられる治療には主に「外用薬治療」「内服薬治療」「メソセラピー」の3つがありますが、投薬治療しか行っていないところもあるので注意が必要です。投薬治療が効かなかった場合に他の方法に切り替えられるように、治療の選択肢が多いクリニックを選んでください。

女性の薄毛に専門的な治療があるか

女性の薄毛治療を宣伝しているクリニックは多くありますが、薄毛治療に特化したクリニックであればより専門的な治療が受けられます。女性の薄毛治療を専門にしているクリニックを選びましょう。

薄毛に悩む女性が増えています

近年、女性の薄毛人口は右肩上がりに増えています。男性と同じように薄毛で悩む女性が多くなり、女性の現在の薄毛人口は300~600万人とかなり増加してきているようです。

一般的に、女性が薄毛を気にし始めるのはホルモンバランスが崩れやすくなる40代くらいからと言われています。しかし、最近は頭皮が弱っている方が多くなり年齢にかかわらず薄毛を気にする方が増えているとのこと。

薄毛は正しいケアをすれば改善するのですが、進行しすぎてしまうと育毛剤では改善できず、余計に悪化させてしまうこともあるようです。頭皮で常在菌が繁殖している状態なので、悪化すると脂漏性湿疹やうっ血、薄毛の進行を引き起こすことに。無理に自己ケアでなんとかしようとするのではなく、クリニックで相談してください。